×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

頭痛 外来/肩こり 頭痛/子供 頭痛について


頭痛外来
病院で頭痛外来を設けているところがあります。
頭が痛いけど、病院に行くほどでないから、市販薬を飲む、という人も多いのではないでしょうか。
片頭痛などの慢性頭痛に悩んでいる人も多いと思います。
今までは診察して治療してくれる病院はないかいう要望は強いが、命にかかわるような異常がなければそれでOKとされることが多かった頭痛。
しかしそうした頭痛でも診察、治療する「頭痛外来」が増えてきたのです。

<スポンサードリンク>


頭痛で1番怖いのは、命にかかわる、脳腫瘍、クモ膜下出血、髄膜炎などからくる頭痛。
これらの病気は適切な治療が遅れると生命に危険をおよぼすため、早期の診断治療が必要です。
そこでエックス線CTやMRI検査で、その可能性があるか確認する必要がありますが、異常がないと、片頭痛などはとくに治療されることがなかったので、改善されることがなかったのです。
しかし最近は片頭痛の予防薬や発作の治療薬が登場し、頭痛治療の選択肢が増えたこともあり、生活に支障がない程度に改善させることも患者によっては可能になっているそうです。
頭痛の一般的な原因として、風邪、二日酔いなどによる急性頭痛や片頭痛、緊張型頭痛、頭部外傷後遺症などの慢性頭痛があげられます。
市販の鎮痛剤をよく利用してなおす場合も多いでしょうが、これは当初は有効でも、次第にその量、使用頻度を増さなければ頭痛を抑えることが出来なくなります。
鎮痛剤だけを飲むということは、原因療法ではなく、いわゆるその場しのぎの対症療法なので、まず自分の頭痛の原因、診断を明らかにすることが、頭痛を治す近道です。
頭痛外来を行う病院はまだそれほど多くなく、たいてい予約制で週に1回診察を設けています。
診察日が決まっているので頭痛がおきてからではなく、自分の都合のいいときに診察を受けた方がいいですね。
そのとき、医師の質問にちゃんと答えられるよう、自分の頭痛の症状や、そのときの状況、頭痛にともなうほかの症状(吐き気、肩こり、手足のしびれ、めまいなど)もあれば正確に伝えて診察を受けましょう。


肩こりと頭痛
肩こりと頭痛を同時に訴える人は多くいます。
肩こりと関連して出てくる頭痛は、主に筋肉の緊張が原因の為、命の心配はありませんので、先ずは筋肉の緊張を解すことから始めて見るといいでしょう。
特にマッサージや指圧、入浴など改善するのであれば、肩こりや頭痛を起こしている緊張の原因さえ突き止めれば正常に戻るはずです。
ここで肩こりや頭痛を起こす意外な原因について述べます。
例えば、コンタクトレンズ、メガネ、ヘアピン、虫歯、このように頭部周辺で体が違和感を感じるもの(但し、個人差があって全ての人に当て嵌まるわけではありません)は気が付かない肩こり頭痛の原因の一つです。
疑わしい場合はこれらを一切外してみて肩こり、頭痛の症状が改善するかどうかを見極めて下さい。
また、虫歯の治療を早期に行うのも大切です。
さらに身につけるもの以外にも、肩こり頭痛を起こすものがあります。
例えば、携帯電話、化繊の衣類、窮屈な靴、化学製品、ネックレスやピアスなどなど、これらも何の変哲も無い身の回りに溢れている物ですが、体が異物として反応してしまうと、体に無意識の緊張を与え、それがひいては、肩こりや頭痛の原因になるのです。
特に最近は寝室の電気製品が原因であるケースもあるので、就寝時に身の回りに電化製品を置かないように気をつけることも大切に成ってきます。
もちろん、肩こり頭痛でこれらのことに関係の無いものもあるので、一通り生活改善をしても改善が見られない場合は、医師や専門家の元を尋ねる必要もあります。
さて、緊張性の肩こりや頭痛であれば、適度な運動や体操をすることも改善に役に立ちます。
特に激しい運動や時間を掛けることなく、ウォーキングをするだけでも全身が適度に刺激されて、無意識に硬くなってしまった筋肉をリラックスさせる効果があります。
なるべく日常の生活の中で意識的に歩くことが、健康に繋がります。
最後に昔からの知恵で、肩こりや頭痛のツボ療法をお教えします。
それは、手の親指と人差し指の間、合谷というツボ。
ここを反対の手でじっくりと押してやると、緊張が取れて来ます。
合谷は歯の痛みを緩和する際も使う緊張を解すツボです。


子供の頭痛
子供の頭痛の場合、大人のように症状を的確に言葉で表現できないので、細心の注意が必要になります。
先ずは子供の頭痛が持続的に起こる場合は医師の診断を仰ぐのが適当と思われます。
その上で、重大な疾患の恐れが無いと判断された場合、子供の頭痛に対する以下の問題解決の方法が考えられます。
その一つがシックハウスなどに代表されるように、化学物質に過剰に反応してないかということ。
子供の頭痛が起こる場合、大人以上にセンサーが働いて微量な異物(例えば防虫剤やホルムアルデヒド)に体が緊張をしているケースがあるのです。
これは、家の新築以外に新しい家具などを購入した場合にも当てはまるし、鞄やカーテンといった意外なものまで当てはまります。
ですから、子供が頭痛を訴えた時期にそのような新しい何かを家に入れなかったか、思い起こしてみる必要があります。
次に、現代の子供の頭痛に関連が深いのが、テレビゲームやテレビといった目を酷使している生活習慣が考えられます。
目の疲労は想像以上に、全身の緊張を生みます。
それだけでなく頭の中がヒートアップして、いわゆる逆上せの状態をつくってしまいます。
この状態は言い換えるのなら頭に血が上った状態ですから、緊張が解けないのです。
ですからなるべく子供が頭痛を訴える状態では、テレビゲームやテレビの長時間の視聴は避けるべきです。
最後に子供の頭痛が目立つようになった理由の一つに、ストレス社会に実は子供たちも晒されている点が見逃せません。
大人同様、子供たちの体も、ストレスで硬くなって悲鳴を上げています。
子供の頭痛がそのことを教えてくれているのかもしれません。
親は単に病気と考えずに子供の置かれている状況を理解する必要もあるのかもしれません。
尚、子供の頭痛に関係のある体の緊張は、親による簡単なマッサージが効果的です。
それは、手の親指と人差し指の間、合谷というツボ。
ここを反対の手でじっくりと押してやると、緊張が取れて来ます。
合谷は歯の痛みを緩和する際も使う緊張を解すツボです。
また、手の平や足の裏を揉むと更に効果的です。

頭痛

  • 頭痛 外来
  • 肩こり 頭痛
  • 子供 頭痛

眼精疲労

  • 眼精疲労、視力低下の原因
  • モニターが近すぎる問題
  • 目に入る光が強すぎる問題

眼精疲労2

  • 見続ける時間が長すぎる問題
  • 眼精疲労のケア

高血圧

  • 高血圧(生活習慣病)
  • 高血圧(生活の中での予防)
  • 高血圧(食事の中での予防)

低血圧

  • 低血圧とは
  • 低血圧と貧血は違う
  • 低血圧の人の日常生活で気をつけること



サイトポリシー



お友達サイトのご紹介

美容関係

 杜仲茶

 薄毛

 抜け毛

 アロマセラピーのスクール

 全国エステサロン情報局

 エステで美しくきれいにエステで健康になろう

 美容ダイエットドットコム


健康関係

 基礎体温表

 ヒーリング

 ビオチン

 ヨガ

 歯周病

 歯槽膿漏

 ED

 過活動膀胱

 多汗症

 頭痛

 特定疾患

 特定保健指導

 人に聞けない悩み

 人に聞けない病気

 尿(おしっこ)

 ゲルマニウム温浴効果

 オーラソーマ

 歯列矯正ネット


金融関係

 FX

 FX取引業者

 くりっく365

 医療保険

 楽天


住宅・不動産関係

 東京インテリア家具

 住宅・不動産

 賃貸住宅


就職・転職関係

 アルバイト

 就職活動


旅行関係

 人気温泉

 日帰り旅行

 アシアナ航空

 クルーズ

 赤ちゃん連れ旅行


料理・食べ物関係

 おせち料理と黒豆

 お菓子


ファッション関係

 ヒートテックとハラキャミ


娯楽・趣味関係

 音楽配信サービス

 ディズニープリンセス

 フェリシモ

 ブリザードフラワー

 ゴルフクラブメーカー別最新ゴルフクラブ

 ユネスコ世界遺産紹介ページ


ブランド関係

 コンバース

 ブランドキーケース

 人気ファッションブランド


生活支援関係

 個人再生

 ローソンパス

 プレミアム商品

 ママ友

 お受験

 ランドセル

 消臭

 駅とその周辺

 二段ベッドとロフトベッド

 入園・通園


結婚関係

 結婚あれこれ

インターネット関係

 ライムワイヤー


福祉関係

 地域包括支援センター


家電関係

 デザイン家電


行事関係

 クリスマス

 運動会

 新入学

 年賀状